ネイルサロン選びのポイント

MENU

ネイルサロンは通いやすい立地条件で選ぶ

ネイルサロンへ行ってみたいけれど、
何を基準にネイルサロンを選んだらいいのか分からないという人も多いでしょう。

 

ネイルサロンによって料金もサービス内容も全く異なります。
なのでネイルサロンの選ぶポイントについて紹介していきたいと思います。

 

まずネイルサロンは通いやすい場所にあるところを選びましょう。

 

例えば少しぐらい遠くても
「オシャレで口コミでも人気があるネイルサロンがいい」と思う人もいるかもしれません。

 

しかし指先は日常生活の中で1番使う身体の部位です。
そのため爪が欠けてしまったり、ジェルが剥がれてしまう可能性も高いでしょう。

 

ネイルサロンの施術を受けたすぐ後であれば、
無料でお直しをしてくれるネイルサロンもあります。
また爪の状況によっては緊急性を要する場合もあります。

 

そのため家の近所や仕事帰りに寄る事が可能な
通いやすいところから選ぶようにしましょう。
 

 

特にトラブルが発生しなくても、ネイルは長期間日持ちするものではありません。
デザインによっては爪が伸びても、デザインが崩れにくいものもあります。
しかしそれでも1ヶ月前後ぐらいしかネイルは日持ちしません。
指先までオシャレに拘るのであれば、
月1ペースでネイルサロンに通うのが理想的なペースと言えるでしょう。

 

月1ペースで通う場合、あまり1回のネイルの施術料金が高いところだと
経済的負担になってしまいます。

 

その事も考慮した上で、ネイルサロンを選ぶようにしましょう。

ネイルサロンは口コミで選ぶ

ネイルサロンのクレームで多いのは何だと思いますか?

 

それは「施術時間」と「ネイリストの接客態度」です。

 

ネイルは10本全ての指にネイルをするため、
デザインが複雑であればあるほど施術時間はかかってしまいます。
メニューによっては1回の施術に120〜150分かかる事も珍しくありません。

 

ただでさえ時間がかかってしまうものを、
予定時刻より余計に時間がかかればイライラするのも当然です。

 

余計に時間がかかる原因はネイリストの段取りが悪い事。
技術力が低く作業スピードが遅い事、
やり直しをする事が原因だと考えられます。

 

つまりクレームの「施術時間」とはネイリストの技術力が低い事を意味しているのです。

 

またネイルサロンでは接客時間が長く、
爪を施術する関係上、距離感が近くなります。
そのため「ネイリストの接客態度」が悪いとすごく苦痛に感じるというわけです。

 

逆に口コミで評判のネイルサロンでは、
施術時間が苦にならない工夫がされています。

 

ネイルの施術中には手が使えないため、
美容院のように雑誌やスマホで時間をつぶせません。

 

そのためDVDで映画鑑賞が出来たり、
ハーブティを用意しリラックス出来る空間になっています。

 

友達や知り合いからの口コミは信用しても問題ありません。

 

ただし、ネットの口コミに関してはお金で雇われていたり、
アフィリエイト目的の嘘の情報が混じっている場合があります。

 

そのため1つの口コミを鵜呑みにせずに、幅広く情報収集するようにして下さい。

 

 

更新履歴